外為

2011年04月06日

拒食症・過食症 改善プログラム Q&A


■時間がないのですが私でも出来るでしょうか?
1日あたりの時間は、ほとんどかかりませんでのご安心ください。
それよりも長く続けることが重要です。
このマニュアルでは長く続けられるように
簡単で負担にならないよう構成されています。


■効果はすぐに感じられるのでしょうか?
早い人で2週間程度、
遅い人でも2カ月程度で効果を実感いただけるはずです。
※ただし、効果には個人差があり効果を保証するものではありません。


■家族に知られずに購入できますか?
はい。本商品はパソコン上でテキストファイルを
ダウンロードして頂くファイル形式と、
ご自宅にテキスト冊子をご郵送する冊子形式がございます。
(冊子形式は別途、送料事務手数料が2,400円かかります。)
ファイル形式をご注文頂くと、
専用ページからご自身でダウンロードして頂く形ですので、
誰にも知られずに商品を手にしていただく事ができます。


■性別等は関係ありますか?
この、古賀式拒食症・過食症改善17日間プログラムでは
性別・年齢に関係なくお使いいただけるように
構成してありますのでご安心ください。




⇒ 拒食症・過食症改善17日間プログラム



posted by mk at 12:21| 拒食症・過食症改善方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

間違った4つの拒食症・過食症改善方法


間違い1 休養・睡眠をとる
ただ単に休息や気分転換をしただけでは
拒食症・過食症は改善される事はまずありません。


間違い2 病院へ通いつめる
主に心療内科ですが、消化器科、神経科、婦人科、脳神経外科などで
診察をしてもらっても体調不良や単なるストレス障害と
診断されてしまうケースも少なくありません。


間違い3 薬物に依存してしまう
グッミン、ベンザリン、ジプレキサ、マイスリーなど多様です。
主には抗うつ剤や抗不安剤、ビタミン剤が処方される事が多いと思います。
現在の医学では拒食症・過食症を改善する薬は無く緩和のみだと考えてください。


間違い4 カウンセリングに通う
ご自分にあっていないカウンセラーの元へ通ってしまった場合は
カウンセリング自体が不安や恐怖感になってしまうケースもあります。


間違った方法をやり続けてることが
拒食症・過食症を改善できない一番の理由です。




⇒ 拒食症・過食症改善17日間プログラム



posted by mk at 00:08| 拒食症・過食症改善方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。